なぜあなたのマンション/戸建は売れないの?

有名な会社に頼んでいるのになかなか決まらない

大切なマイホームを売りに出している方の中には、なかなか買い手がつかなくて、もどかしい思いをしている方も少なくないと思います。

「有名な会社に頼んでいるから大丈夫」と思っていたら、思いのほか長引いていたり、売り出し価格を下げるように迫られたり。

そこで質問です。

あなたから売却を依頼されている不動産仲介会社は、あなたのマンション/戸建を、マイホームを買いたいと思っている人の目に広く・深く届くように宣伝してくれているかどうか、ご存知ですか?

どのような広告展開をしてくれているのでしょう。

試にあなたご自身でSUUMOやHOME'sで検索してみて下さい。あなたのマンション/戸建はみつかりましたか?

販売活動を「専任」「専属専任」で依頼していませんか?

不動産仲介会社がマンション/戸建を売却したい人と結ぶ販売活動に関する契約を媒介契約といいます。

これは①「専属専任」、②「専任」、③「一般」という種類に分かれています。

おおまかに説明しますと①は独占契約、②はほぼお任せ契約、③は通常契約という感じです。

専属専任や専任で契約を結んでもらった不動産仲介会社は、あなたのマンション/戸建をほぼ独占的に宣伝できる立場なので、他社に広告することを認めず単独で買い手を探す努力をして「両手仲介」を狙います。

それで買い手が見つかれば御の字です。とはいえ「両手仲介」状態なのであなたの利益を最大限に優先してもらえるかどうかには「?」が残りますが。

週刊ダイヤモンドの2015年4月13日の記事、「大手不動産が不正行為か 流出する“爆弾データ”の衝撃」を一読ください。全ての物件に対してではないにせよ、このような状況は実在しますし今も似たような行為は行われています。

専属専任や専任であなたのマンション/戸建の売却を頼まれている会社は、売れなければ利益が入りませんが、売れなくても自社のお金がどんどん出費されるわけではありません。

売主のあなたに「なんで売れないんだ!」などと詰め寄られたりするとは思いますが、突き詰めれば損はしないので平気です。ポストに投げ込んだチラシなど多少の経費は掛けたかも知れませんが、自社で多額のお金をかけて仕入れた品物ではないので。

だからあなたは、不動産仲介会社に任せっきりでいるのではなくて、ご自身で彼らの動きをチェックなさってください。

「囲い込み」はせず他社に広告掲載を認めさせる

あなたが不動産会社に専属専任/専任で依頼していたとします。

そうしたら担当者に「他社に広告掲載を許可してますか?」と質問してください。

その質問に対して「していない」と返事が返ってきたら、どのようにあなたの物件を宣伝しているのか、その効果はどうなのか、説明を求めてください。

それを聞いてあなた自身が納得できる効果が感じられたらそれでOKです。

しかし腑に落ちないようなら「あなたが効果的だと判断する他社にも広告掲載を許可して」と指示してください。あなたが依頼している不動産会社は当然同業他社とも付き合いがあります。どの業者がどのような力なのかはよく知っています。そこの協力も仰ぐわけです。

それを拒否するようならあなたの物件を「囲い込み」して「両手仲介」に固執しているわけです。

そうなるとその担当者/会社を信頼できますか?

この質問でそれが分かると思います。

 

L-SHIPで調べることもできます

あなたがこの質問をするのが憚られる場合、L-SHIPで調べることもできます。

その会社があなたの物件を「REINS」に登録しているはずです。REINSに広告の取り扱いに関する記載欄がありますのでL-SHIPが確認致し、その会社に問い合わせてダブルチェックします。この一回の相談は無料で承ります。

でもそもそもこのくらいの質問を気軽に投げかけられない担当者ということは、あなたと良い関係を築けていないわけですので、担当の変更を申し出るか、媒介契約が満期になったときに他社に変えることもご検討なさるべきと思います。

 

ご相談ください

L-SHIPでは中古マンション/戸建を買いたい方へのお手伝いに自信があります。ですので逆の視点に立てば中古マンション/戸建がどのような状態/状況だと価値が高くなるかも理解しています。

あなたの想いのこもったマイホームを叩き売りにしないように打つ「手」を持っています。

他社に専属専任/専任で販売を依頼なさっている件のセカンドオピニオンも差し上げます。その場合は内容に応じて相談料を頂戴します。

一般媒介でL-SHIPに販売活動をお任せ頂ける場合は当然すべて無料です。

もし思い立ったならお問い合わせフォームからご連絡ください。

  • はてなブックマークに追加

 

2017年01月06日|トピックス:トピックス