40歳未満のあなた、いま中古住宅購入のチャンス!

リフォームに最大で補助金65万円!!

国土交通省が住宅ストック循環支援事業の一環として、40歳未満の方が中古住宅を購入してリフォームを行う際に最大65万円を支援する制度の申請受付を開始しました。

補助の申請には、購入する中古住宅の建物インスペクションを行ない、エコリフォームを実施して、かつ既存住宅瑕疵保険を掛けることが条件です。

エコリフォームに対しては50万円、それに耐震補強が伴う場合は65万円を補助申請できます。

建物インスペクションは資格を持つ建築士が行ないますので費用が掛かります。

L-SHIPで手配した場合10万円(税別)掛かります。

このインスペクションの費用にもこの制度で5万円の補助が受けられます。

 

L-SHIPではリニュアル仲介を利用して中古住宅を取得することを推奨しています。それはなぜか。

中古住宅をしっかりインスペクションして、判明した弱点を補強したうえで自由にリフォーム・リノベーションをすれば新築に遜色ないマイホームの実現が可能だからです。なおかつ既存住宅瑕疵保険を付ければ、保証面でも心配を減らすことができます。

この「中古住宅購入」+「耐震補強」+」「リノベーション」+「瑕疵保険」の総額は、だいたいにおいて新築住宅を買うよりも割安になるからです。

ホームページでもご説明していますが、新築住宅は取得した瞬間に大きく資産価値を棄損します

棄損する金額は、分譲業者の利益と広告宣伝費などの諸経費の合計です。

購入価格の約20%にも相当します。

「誰も使ったことのない真新しいものがいい」ということだけで、この20%の余分な出費をするのは、なんとももったいないと思うんです。

高いマイホームを買ってしまい、住宅ローンを返済するために家計を切る詰め、切り詰めて生活することになれば、せっかくのマイホームでの「生活」自体が侘しいものになるでしょうし、見方によってはマイホームのために家族の生活が犠牲になっているとも見れます。

いくら綺麗な新築住宅をゲットしても、そこで暮らす家族が下を向いて生活しているなんて、なんか変ですよね。

だからこそ、中古住宅をリノベーションすることでマイホーム取得費を抑えて欲しいんです。

それが可能であることをぜひL-SHIPのホームページで確認してみてください。

この制度は40歳未満の方が対象になっています。新築に固執しなければマイホーム取得費用は抑えられるわけですので、国としては、若年層のマイホームの取得を応援することと、空き家問題が顕著になってきた現状で既存(中古)住宅の活用にもつながるという意図があるわけです。

 

補助金を申し込めるのは平成29年6月30日までに契約をした中古住宅

L-SHIPでは、従来通りリニュアル仲介の仕組みで中古住宅購入を応援していますので、当然この補助金も利用して頂けます。

この補助金は仲介業者が申請する体裁になっています。

インスペクション~エコリフォームをしっかり把握していないと申請がスムーズに行なえません。また仲介業者としてはこの補助金の申請作業を行なっても、これに対する報酬は発生しません。

「申請作業が煩雑」、かつ「作業に対して報酬がない」という2点から、多くの仲介業者はこの制度の利用を積極的にお客さまに勧めないんじゃないかとL-SHIPは予想します。

新築住宅の購入を勧めた方が、業者の手間は従来通りですし、売買額が高いので仲介手数料も中古を勧めるよりも多くなりますから。

せっかくの補助制度です。この機会にぜひマイホーム購入を検討してみてください。

 

  • はてなブックマークに追加

 

 

2017年01月28日|トピックス:減税・補助金・助成金